自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

足跡

作詞: りゅーか

ふざけあった日々に ちゃちな言葉並べた
鳴り止まない耳鳴りを 誰か止めてよ

とめどなく溢れる 色の無い涙も
どんな顔して流せばいいのだろう

君の手の温もり 冷えきった心

どれだけ後悔をしたとしても
もう戻らない 時の記憶
まだ僕は次の一歩目を踏み出せずに
時計の竜頭をあの頃まで巻き戻す


カーテンの隙間から 静寂が脅す夜
音のしない秒針が 廻り続ける

降り続く雨に 冷えきった言葉

いつしか遠ざかる君の心に
気付かないフリして 彷徨ってた
まだ僕は自分に嘘を吐き続けて
時計の竜頭をあの頃で止めたまま


空に投げたコインに 任せた運命は
あの時の僕なら 指先ひとつで変えられたのに


どれだけ後悔をしたとしても
もう戻らない 時の記憶
まだ僕は次の一歩目を踏み出せずに
時計の竜頭を引いたまま ずっと

二人の足跡が並んだままで
今日が終わること 願っていたけど
今 君の次の一歩目が 僕の止めた
時計の竜頭を知らない明日で押し込んだ

※この歌詞"足跡"の著作権はりゅーかさんに属します。

作詞者 りゅーか さんのコメント

久しぶりの投稿。

--------------------------------------------------

少しずつ、少しずつ空回りし始めていた僕らの歯車。

分かってたけど、分かりたくなかった。

認めたくなかった。

竜頭を巻き戻せばあの頃に戻れる気がした。

だけど君は、いつしか僕の知らない世界の時計を動かし始めたんだね。

--------------------------------------------------

別れ、そして後悔の詞です。

僕とは違う道の、自分の道の一歩目を進んでいく彼女の意志の強さに、
憧れと焦燥、そしてほんの少しの恨みを抱く青年の物語。


今日はもうひとつ投稿しようかな。

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

__

'15年8月28日 11:27

この歌詞を評価しました:深い

りゅーかさんお久しぶりです(^ー^)
いきなり凄い作品持ってきましたね♪
内容が深いしコメント見ると尚更に深いです!
葛藤すら感じる作品ですね(^^;

りゅーか

'15年8月28日 11:35

>七味さん
お久しぶりですー!
久々の投稿は重たいやつにしました(笑)

「時計の竜頭」という言葉が、すごく重たく錆びついて聞こえるような歌詞作りにしてみました。
曲も既にできているのでまたそのうち更新致します!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P