自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

花散らし

作詞: 足立美子

ふと目を開ければ
窓に半分の月が登る

こんな真夜中にただ黙って光っている

泣いてる顔と 笑ってる顔
君はどちらが多いんだろう

僕といると泣かせてしまう
気づいてしまったんだ 君の悲しみに

花散らしの雨が降る
月は雲間にいつか隠れて闇を濃くしていく
傷つけたくないのに
傷つけてしまう 僕が君に触れるたび

花散らしの風が吹く
愛と呼ぶには無理のあるくちづけだったね
その月のように高い場所から
見守っているだけでいいのだろう・・・



寝返りを打つたび
月の光は背中を照らして

こんな真夜中に雫のようにこぼれる

寒くはないかい?問いかけてみるんだ
君の静かな寝顔に

僕のありふれた孤独など
君の悲しみには到底届くはずないのに

花散らしの雨が降る
月は雲間にいつか消されて光を閉ざして
傷つけたくないのに
傷つけてしまう僕が君を求めるたび

花散らしの風が吹く
愛と呼ぶにはふさわしくない抱擁だったね
時が来れば散るものなのよ
仕方ないからと呟いている・・・


二度と散らない花などないと
優しい言葉で
二度と上がらぬ雨などないと
慰めないでくれ


花散らしの雨が降る
月は雲間にいつか隠れて闇を濃くしていく
傷つけたくないのに
傷つけてしまう僕が君に触れるたび

花散らしの風が吹く
愛と呼ぶには無理のあるくちづけだったね
その月のように高い場所から
見守っているだけでいいのだろう・・・

僕は君という花を散らす・・・


※この歌詞"花散らし"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

花の終わりごろに降る雨を花散らしの雨といいます。
風なら、花散らしの風。
どちらも罪つくりですけど、自然の摂理にはかないません。どうせなら、美しく散らされたい(笑)
ヤバイ(#^.^#)!なんかテレる(笑)

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 6
合計 6
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (9件)

ジンジャー

'16年4月2日 07:16

この歌詞を評価しました:素敵

足立さんの詞はほんと美しくてうっとりします

>寒くはないかい?問いかけてみるんだ
>君の静かな寝顔に

ここ、とてもいいですね
彼の優しさに…胸が熱くなります

想いを込めた届けたくちづけや抱擁が
どんな未来を連れてくるのでしょうね
毎年キレイに花が咲き続けるのは
僕という優しい雨や風のお陰かもしれませんね^^

「Bremen」

'16年4月2日 09:44

この歌詞を評価しました:素敵

切ないけど綺麗ですね〜!
そんな言葉があったんですね、勉強になりました♪
足立さんは問いかけるような部分がよくある気がしますが
その投げ掛け方がとっても優しさを感じます。

Hiyoko

'16年4月2日 10:45

この歌詞を評価しました:素敵

花散らしの雨
素敵ですね♪
ありふれた孤独という言葉の響きも
なぜだか納得してしまいました。

足立美子

'16年4月2日 12:54

ジンジャーさん、コメントをありがとうございます。
うっとりなどと、嬉しいお言葉、ありがとうございます♪
ジンジャーさんの解釈でこの作品の中の彼はきっと救われたことでしょう。苦しめるばかりの存在ではなく次の花を咲かせる存在!素敵ですね。

Bremenさん、コメントをありがとうございます。
NEWSのお天気コーナーで知りました。
「雨になりますが、花散らしの雨にはならないでしょう」って言ってました。(笑)

Hiyokoさん、コメントをありがとうございます。
孤独感のある人にありふれたなどとは失礼な表現でしたけど(笑)みんな少しは孤独を感じてるものでしょう。
私の今抱えてる孤独感も、きっと他人から見れば些細なものなのでしょう。そう、思って頑張ります(笑)


景愁

'16年4月3日 17:23

この歌詞を評価しました:素敵

留めきれない想いに対する自責が、
月の夜に浮かんでくる…とっても胸に刺さりつつも、
情緒豊かな歌詞だと感じました。
月の夜は本当に感慨深くなるものですね^^

桜、もう少しもつといいのですが^^

足立美子

'16年4月4日 05:40

景愁さん、コメントをありがとうございます。
花を散らすのは罪つくりですが、やはり美しく散らされたい。せめてそう願うのは花もおなじではないでしょうか?
桜の散り際も美しいものです。風流さえ感じますね。

まんまるポット

'16年4月4日 10:05

この歌詞を評価しました:素敵

私、雨は結構好きな方で、特にこの時期の花散らしの雨は綺麗だなぁと思う一風変わった感性の持ち主であります。
なので、この歌詞凄く好き。
桜と雨の美しさと寂しさが上手く噛み合っていて素敵です。

唯梨

'16年4月4日 14:24

この歌詞を評価しました:素敵

切なさが美しくも思える感じが好きです(#^.^#)

二度と上がらぬ雨などないと
慰めないでくれ
この部分が特に心に残りました!

足立美子

'16年4月4日 15:20

まんまるポットさんコメントをありがとうございます。
この季節の雨は冷たくて、花を散らす意地悪な雨に思えます(笑)ポットさんの感性はナイーブで、優しい。
でも、それだけではないダークな物への愛情も感じます。
雨、ひとつとっても感じ方はそれぞれなんですね。


唯梨さん、コメントをありがとうございます。
桜の季節が終わったらなんか寂しいですよね。
でも、これからもどんどんいろんな花が咲きます。
その先の季節も楽しみにしたいものです。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P