自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

刺繍の街

作詞: 足立美子

束の間に降り注ぐ
絹糸のような雨

たなびく煙越しに
かすみ立つ街

幾重にも織り込んだ色鮮やかな刺繍
縦糸に微笑み 横糸に涙

優しさを横たえて
そっとそばで眠っていたい
賑わいはかりそめの
淋しさ隠すベールのようです

風の音に震えて
腕の中 そっと滑らせて時間を止めた・・・



何故 静かに遠のく
船の汽笛数えて

涙すら流さない
自分が不思議

きっと知らない間にこの街にいつの日か
染まっていく私を気づいているから

さよならを呟けば
湿った風 嘆きの響き
愛ゆえに織り綴る別れの模様
何度も解いては

いつかまた新しい色を
混ぜながら同じ夢織り上げてゆく・・・



幻を抱き締めて旅立つ人を見送るように
いつも美しいまま

水辺にたたずむ
まるで蜃気楼のように
賑わいはかりそめの
淋しさ隠すベールのようです


風の音に震えて
腕の中 そっと滑らせて時間を止めた・・・

※この歌詞"刺繍の街"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

ずっと昔に作った作品です。
少しリメイクしてみました。
やや、字数が合わない感じですが一応、曲にはめ込んで作りました。アルバム収録曲だったのでかなり冒険的な曲ではありました。歌謡曲です。(笑)

この歌詞の評価
評価項目評価数
感動 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

おひるね WrMu

'16年6月5日 11:31

この歌詞を評価しました:感動

 中島みゆき でしょうか? そんな感じ、連想しました。

 ぞくぞくする。 〜雨の薄明かり   これはメロディー暖めないと、そんなきにする
・・・歌詞ですね。

音楽の話で楽しくて感謝しています。
(^_^)h

>やや、字数が合わない感じですが一応、曲にはめ込んで作りました。

 これは、ビンゴ! 正解・快答 だと感じました。
メロ先の、はめ込み作詞で、元メロが、大ヒットや唱歌・民謡だと、替え歌になってしまうので、
 メロディー、ラインは、使うとして、譜割を変える、 〜と、新しい感じになり。
 自作といっても、通用すると感じます。(^_^)h

 リズムをかえる、長さをかえる。 〜ですね。 一番、2番、で、同じように変えるのが、すごい修練になる、勉強になると、感じています。

 もしできましたら、利用した元歌、教えてください。(^_^)h


足立美子

'16年6月5日 20:01

おひるねWrMuさん、コメントをありがとうございます。
曲に嵌め込むやり方は、ついつい元詞に引きづられイメージとかも似てしまうという悪い面もあります。
でも、確かにいい練習にはなると思います。

使った曲は。ものすごく古いんですが…
工藤静香さんの美粧の森という曲です。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P