自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

仲間 [White Snow]

作詞: Hanamiya

1
前を向いて歩く 大空を眺めながら 緩やかに進んでいた無意識な夢に
不確かなものを抱え込んで 崩れそうな壁打ち砕いて
そんで見えたのならば 前進んで 振り向かず向かう 遠い未来に

一人で無理をして 他人を突き落としていた 気付いた頃には
突き落とされて 皆平等に 託されて 自分の思いを 積み込んで
バランスが乱れて 焦っていた 分かち合うポケット 見当たらない
現実を見たら 奈落を見て 上を向きながら 登っていた

命ずな成る物無くて 自分を頼りに登っていて 助けを求めるも
甘くない 強く向き合え 新たな壁に向かって

サビ
問題を得て 先向かって スキップをしてみても わからない
知識を超えたその問いに 戸惑いを見せる自分がいて
周りを忘れていたんだ 辺りを見渡せば見えてきて
遠回りでもいい 人生なんだから

2
暗いトンネルに 慣れてく自分の目 明るい景色を忘れて 我を振り返るとネガティブで
気持ちの問題なんだ 自分にしかわからない問いなんだ
解けば明るく光る道しるべ それを合図に出口を探して

サビ
問題を得て 先向かって スキップをしてみても わからない
気持ちを超えたその問いに 戸惑いを見せる自分がいて
未来を忘れていたんだ 景色を見渡せば見えてきて
ゆっくりでもいい 人生なんだから

3
明るい空の下 手を差し伸べる 誰かの手 引っ張られ見えてきた
気付かなかった 仲間の存在に 心暖まるそれはなんでだろ
自分の居場所密かに探していた 求めていたものが現れになった
これもまた運命なんだ 大切にしよう

サビ
問題を得て 先向かって スキップをしてみても わからない
理解を超えたその問いに 焦りを見せる自分がいて
他人の意見を忘れていたんだ 受け止めてみれば見えてきて
たまにはマイペースでもいいんじゃない 人生なんだから

ラスサビ
知識を得て 先向かって 助け合ってみれば わかるんだ
一人では無理なその問いに 助けを求める自分がいて
協力すれば登れない壁はない 恩返しをしたら また先へ
一人じゃなくていい 人生なんだから

※この歌詞"仲間 [White Snow]"の著作権はHanamiyaさんに属します。

作詞者 Hanamiya さんのコメント

一人で全部こなそうとするとやはり他人の意見を聞いた時に イライラしたり
時に病んでしまったりもしますよね だけどそんな状況は必ず自分だけでは
ないと言う事に気がついた自分がいました
その人達も自分を守る為に他人を突き落としたりして 自分を守っていました
それじゃダメだと思い 一人ではなく 仲間を作る事にしました
朱に交わる的な感じですね 皆同じ状況なら 皆で協力すれば 仲間を増やせば
登れない壁はないと言う事です だから一人じゃなくても大丈夫 僕がいるなら 君がいるなら 頑張れるよ という事を歌詞に込めました!

最後まで見ていただき有難うございます!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P