自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

別れの唄

作詞: 唯野一稀

擦れ違った、瞬間に走馬灯の様に
月日は流れていったんだ。

それは偶然じゃなく必然で
小鳥の囀りのように優しく
僕たちを包み込む

幸せってねこういうことを言うんだね
お互いに言い合い距離を重ねる

歳月をかけて恋は愛に変わり
現実味帯びてくる

私の愛はハッピーエンドに
向かっていくの。。

そして又、愛を受け継いでいくの

貴方に逢えてよかった

ありがとう

そしてさようなら

※この歌詞"別れの唄"の著作権は唯野一稀さんに属します。

作詞者 唯野一稀 さんのコメント

なんだろ
ハッピーエンドって
ハッピーのendなのかもね

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'16年10月28日 20:20

この歌詞を評価しました:素敵

秋風のようなさわやかさを感じさせます。出会いと別れが感謝で終わるなんて幸せですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P