自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

夏の名残りの黄色い蝶々

作詞: Musashi

雲ひとつない 空の下
忘れかけてた夏風が
水面を銀色に光らせる
可愛い小さな稲の子たちは
優しく頬を撫でられて
心地よさげに揺れている

額の汗をそっと拭って
腰をあげると
黄色い蝶々が飛んでいる
一体どこへ向かっているの?
行く先も告げないままに
背を向けて
私のもとから去ってしまうの?

まるであの娘を見てるみたい
麦わら帽子の 笑顔の素敵な
幼なじみの あの娘みたい

朝日が昇って
白い光を放ち出したら
いつものように庭に出て
菊に水をあげなくちゃ
彼女が愛した菊の花に

今はもう
蜜蜂の飛ぶ季節ではないけれど
いつまでも咲かせておくから

麦わら帽子の 笑顔の素敵な
幼なじみの 可愛いあの娘が
夏の名残りの黄色い蝶々に姿を変えて
あなたのもとを 訪れる日まで

※この歌詞"夏の名残りの黄色い蝶々"の著作権はMusashiさんに属します。

作詞者 Musashi さんのコメント

庭を飛んでいた季節外れの黄色い蝶々にふと、心を寄せてみました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P