自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

春一番のサプライズ

作詞: 杉菜まゆか

窓を開けたとたん光 風に乗って差し込んでくる
春が来たと淡い便り 一羽の鳥 飛び込んできた
黄みどりのセキセイインコ ゆうゆうと翼広げ
するりと抜け 部屋のなか飛ぶ

Ah突然の訪問者 春がくれたサプライズだね
幸せを運んでくれる なぜか予感ひらめく

昔飼った小鳥のための 鳥かご今も置いてある
まさかこんな偶然なんて 予想もしない運命だね
小鳥好きよ 春の陽射し 微笑むよう 私を見てる
鳥かごを出して水とエサの 準備しなきゃ たった今から
ブルーバード少し略して ルーバちゃん
二回目のルームメイトよ ときめきを感じる

Ah よみがえるよ 初めて小鳥を飼ってた頃を
サッシ窓全開に 冷たい風 春一番よ
これから目覚めていく 置き去りにした夢
今こそ始まりそう あこがれてた人生

帰宅すると第一に テレビのスイッチ つけてたけれど
今はルーバ真っ先に 会えるよ会いたい
待ち遠しいよ

手のひらのルーバは 私を見るたびチッチと鳴くよ
これからの日常は 小ルーバを守って生きていくつもり

私の新しいファミリー 
今年は春からラッキー気分
目覚めていく 私の眠ってた愛情
春一番の咲いた季節 サプライズよ

※この歌詞"春一番のサプライズ"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

春風に乗って飛び込んできた小鳥、ルーバちゃん。小鳥を飼うことにより、日常が変わりそうですね。コメントお待ちしています。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
元気が出る 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

川木將人

1週間3日前 ('17年2月16日 20:16)

この歌詞を評価しました:元気が出る

相変わらず寒いので早くあたたかくなってほしいです。

只野一稀

1週間1日前 ('17年2月18日 20:48)

この歌詞を評価しました:素敵

春の小鳥は何かの前触れを感じますね

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P