自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

心中

作詞: マンボウ

ぬるい陽を浴びて 緩い坂を登る
珈琲屋に行けば 世界の片隅に
座れる

黒い水面には 青二才が映る
表情 濁らせて 睨んでやる事も
出来ずに

くたびれた この街に
黄昏が 迷い込み
出遅れた 旅人の
醜さを 照らし出す

冷めきった 切なさを
飲み干して 消し去れる
それだけの 事すらも
この胸を 締め付ける
古いラジオから
愛の歌が響く
黒い青を滲ませる


褪せた服を着て 狂い人を気取る
硝子越しの空を 燃え上がる大地に
例える

逆様になれば 少しは楽になる
幻 抱き抱え 世界の片隅を
飛び出す

蓋をした この心
いたずらに 開け放つ
名も知らぬ 口付けを
拾い上げ 名を付ける

佇んだ 刹那さえ
永遠と 変わらない
橙の 太陽が
やるせなく 見下ろして
馴染む唇を
染めた爪で拒む
また目線が擦れ違う


人並みの 苦楽を背に
重たげな 芝居を打つ
愛しさを 履き違えて
重なれば 海へ落ちる


今日もまた 自分だけ
死に切れず 街を這う
名を付けた 口付けを
忘れたら 立ち上がる

冷えきった 切なさは
暖めて 消し去れる
それだけの 事だから
この胸も 締まらない
古い口付けへ
愛の歌を贈る
朱い空も暮れかける


ぬるい陽を浴びて 濡れた服が乾く
珈琲屋に行けば 世界の片隅に
隠れる

※この歌詞"心中"の著作権はマンボウさんに属します。

作詞者 マンボウ さんのコメント

1970年代あたりの風景をイメージしながら、少しサスペンス要素を取り入れてみました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
かっこいい 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

友都

'18年3月27日 16:56

この歌詞を評価しました:かっこいい

doumo!

色々な「色」が歌詞中に出現しますが
歌詞全体の雰囲気は「モノクロ」で、非常に格好良く見えます。
これは言葉の選び方と置き方が秀逸でそう見えるんでしょうね。

>珈琲屋に行けば 世界の片隅に
>座れる

出だしの部分、抜群に良いですね。
格好いいです。

強いて言うならば、構成が長い。
この技法で行くならばもっと短く、端的に表現しても成立すると思うな。

ヒントは出しすぎなくて丁度良い。

マンボウ

'18年3月27日 19:02

どーも!笑
友都さん、コメントありがとうございます!!

お、本当だ笑
色がたくさん配置してあるのを自分で今気づきました笑
とは言え一年近く前の詞ですから、その時は何か考えがあったのかもしれませんが笑

たしかに今読んでも長ったらしいですね。この詞は別のサイトでも評価を得られませんでした。やっぱりダメなものはダメですねぇ。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P