自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

美雫(うつくしずく)

作詞: 凛として煮崩れ

一雫の静寂に
空気と波紋が共鳴し
辺りの時間を1ミリ止めて
迫る衝動響かせて

空洞の中の感覚に
冷えた幻 消えた音たち
見えたのは ほのかな水の香り
意識の柱に刻み込む

沈み込んだ 一粒の記憶
涙したのは 岩の影
苔に滲んだ 命の房は
ひとつ数えて落ちていく



霧が包む空間に
緑と摩擦し風香る
故に急かされ垂れる夢欠片
消える運命(さだめ)と悟るだけ

空白の中の妄想に
揺れた幻 魅せた音たち
増えたのは 美しさの感情
時計の針に刻み込む

沈み込んだ 一粒の記憶
涙したのは 岩の影
苔に滲んだ 命の房は
ふたつ数えてまた実る



清き一時 見届けたなら
淡い二つの 思いを連れて
端の三つ葉を 摘んで見据える
雨の四月に 儚さ積もる

儚さ積もり 落ちる
儚さ積もり 実る
儚さ積もり 落ちる
儚さ積もり 実る



美と死の境目見つめ逝く
一雫の運命を悟り散る
美と死の境目見つめ逝く
一雫の運命を悟り散る

※この歌詞"美雫(うつくしずく)"の著作権は凛として煮崩れさんに属します。

作詞者 凛として煮崩れ さんのコメント

落ちていく雫の儚さと美しさをイメージして作成しました!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P