自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

時を渡る旅人

作詞: そらのおくりもの


 時の狭間を彷徨う旅人 太陽にはもう二度と出逢えない 
 諦めを悟った瞳からは どんな世界が映るのでしょう
 破り捨てた地図の切れ端に 描かれた追憶の物語
 縋る地を見失い ただ体は風に流されるだけ

 荒廃した心は砂漠と化し 埋もれた幾つもの足跡
 忘れざる笑顔と罪を引き摺り 深淵の最果てへ
 何色にも染まる事も出来ずに 白にすら戻れないまま 
 尚も苦しみを抱くの その足に意味はあるの

 明日の産声を断ち切った旅人 別れ言葉さえ告げずに
 落ち切れなかった砂時計の中 反転して歩いていく
 延々と渇く安らぎを潤す 涙の行方と引き換えながら
 尊い声の刻んだ思い出を 道連れにして

「君と生きたかった」と
 叶わぬ夢を置いて

※この歌詞"時を渡る旅人"の著作権はそらのおくりものさんに属します。

作詞者 そらのおくりもの さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。