自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

UNTIL MOON DAWN

作詞: チョクト

この暗い時に 光が指すように
一筋の欠片でも 心に寄り添える
確かなモノ 強く灯る 月明かりの下

誰かの信頼で その先が救われるなら
今を努力したことも 報われ軽くなるかな?
それはどうかな? 裏切られれば傷付くだけで

浅はかな考えばかりが 痛みを伴う日々
今宵も月夜の真下で 右往左往して
戸惑う 行き先もない 気持ち

嗚呼 絡まる胸の淵で 産声を上げても
満たされない 僕は何がしたいのかって?
判ってる筈の 思いに瞳を逸らそうとして


月明かりが照らす その暗い世界の中で
夜明けを迎えるまで 不安を殺せずに
言葉も発せない 産声を上げて

何がしたい? 何を求めた? 判る筈の
理解を判らないような 感覚で縛りながら
明日目覚める朝に 夢を見られない世界でも

僕は毎夜のように 照らされる月明かりに
希望ある明日を迎える為に Hello Hello Hello…
願いを込めて 明日を夢見て 希望を描いてゆく


自分に足らないことばかりの この世界で
嫌気が差しては 僕らは買い被れながら
何か大切なことを 見失ってゆく

本当に果たしたいことを 心へ意味を
訪ねても 時間を余らすことはなく
世界は急かすように 進んでゆく

息苦しい窮屈な時の中で 逃げ場を失って
月明かり照らす頃 ただ孤独に奪われながら
迷い行末 不安は独りで感じる度に 臆病になる

嗚呼 頼る術がなくて 悲しみに泣く産声が
満たされないと 赤子のように思い張り叫んで
理解すべき 心の問い掛けから 瞳を逸らして


月明かり満ちる 薄暗いこの世の果てで
戸惑い隠せない たくさんの不安と微かな
希望を抱き寄せながら 今日に後悔したとしても

何がしたい? 何を求めた? 判る筈の
理解をちゃんと感じて 生きてゆかなければ
そりゃ生き心地さえも 感じられないでしょ?

不安が押し寄せる 暗闇の中を走ろうとも
きっと あの月明かりのように 照らす時が
来ることを信じて明日へ Hello Hello Hello…


決め付けた 無意味や無謀な 価値観なんて
ありやしないことも 理解している筈の答えも
無理矢理に捻じ曲げる 意味はない筈なのに

僕らは必要以上に 何かを求めすぎるから
もっと単純な思いが 胸の奥にあるモノを
強く灯しながら 夜空に浮かぶ輝く光のように

月明かりが満ちる 薄暗いこの世の果てで
打ちひしがれ 何度も屈するほどの気持ちに
浅はかな考えばかりが 突きつけ与えられても

何がしたかったか 何を求めていたか 判る筈の
理解から逃れる術じゃなく その先を描く
理想を上回るほどの 輝きを灯しながら

いつか迎える 信じる明日に出逢うその日々を
待ち侘びながら いつまでも 期待していたいよな
暗闇を走り抜けた先で あの月明かりのような
光が巡る時を信じて 明日へ Hello Hello Hello!

※この歌詞"UNTIL MOON DAWN"の著作権はチョクトさんに属します。

作詞者 チョクト さんのコメント

今回は、季節感を出してみました!
秋の始まりを知らせるような
優しい応援歌ですw

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。