自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

阿片の花

作詞: 足立美子

咲けよ 花 背中押されて
咲けよ 花 紅蓮の炎のように
時は 今 踏み出すその足で
私たちは女・・・


胸の中にある小さな熾火
風と呼ぶあなたが
またその火を煽る
囚われたくない
逆らっていたい
女であることを逆手に取って

咲けよ 花 たとえその身が
咲けよ 花 毒と呼ばれても
時は 今 踏み越えて花あらし
私たちは女・・・


遠くで見るから美しいもの
近くに引き寄せて
魔性に焼かれる
繋がれたくない
モラルの鎖
女であることが最大の武器


人を狂わす 阿片の花
撒き散らした恋は
蝶の鱗粉のように
キラキラ降り注ぐ毒の粉
酔って・・・それでも・・・
抱いた腕を緩めない男(ひと)


咲けよ 花 新しい扉
咲けよ 花 押してこじ開け
時は 今 百花繚乱咲き乱れ
私たちは女・・・

※この歌詞"阿片の花"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

阿片の花は芥子ですよね。
遠くで見ると綺麗ですが近くで見るとけっこう毒々しい。
実際に見てはないですよ(笑)
参考にネットで検索しました。
この毒の花を女性に擬人化してみました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
深い 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (3件)

つばめのす

1週間前 ('17年9月14日 10:37)

この歌詞を評価しました:共感

女の実態は毒々しいです 又毒々しくないと生きていけません
例えは可笑しいですけど大型ジェットのエンジンはその前に立つと
びっくりするくらい大きくて大雑把です それくらいでないと何万㎞も飛んで行けないでしょう 離れて見ていると綺麗なんですけどね

杉菜まゆか

1週間前 ('17年9月14日 17:57)

この歌詞を評価しました:深い

残念ながら、女囚の全員が男絡み、半数は既婚者という事実を思いだしました。いけない恋ほど燃え上がるかもしれないが、やはり取り返しのつかない報いは訪れるものですよ。

足立美子

1週間前 ('17年9月14日 20:30)

つばめのすさん、コメントをありがとうございます。
犯罪の陰に女ありですか?
美しい女性にはなんらかの闇と毒があるから尚、惹かれるのですかね?(笑)

杉菜まゆかさん、コメントをありがとうございます。
平凡で良かったなとつくづく思います(笑)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。