自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

氷の棺

作詞: 桜花麗

笑う君を見つめる度に
眠る君を見つめる度に

僕は思う

その温かい微笑を
その穏やかな微睡みを
永遠に、守りたいと

それが叶わぬ夢だとしても



怒る君を見つめる度に
悲しむ君を見つめる度に

僕は思う

その心を乱す、すべてのものを
その涙を零す、すべての理由(ワケ)を
すべてを奪い去りたいと

それが到底、出来ぬとしても



今君は、僕の前で静かに眠る
たくさんの管に繋がれて
無理やりに生かされて

苦しいだろう?つらいだろう?

だから僕が、止めてあげる
だからもう、泣かないで

氷の棺で眠る君は

安らかな寝息、穏やかな笑み
怒りも悲しみすらもない
純白の氷の世界で

夢を見つつ、何を思う?

僕はいつまでも見守るよ

君のその、夢を守るために
君のその、微睡みを守るために

そう、永遠に・・・・

※この歌詞"氷の棺"の著作権は桜花麗さんに属します。

作詞者 桜花麗 さんのコメント

初投稿で御座います^^;
非常に意味が伝わりにくく、申し訳ない|||orz

簡単に言いますと、
恋人を深く愛する男がいました。
その男の恋人ってのが重病で意識不明に。
そのことを知った男はついに狂ってしまい、
女性の生命維持装置を切ってしまう。
死んだ女性を氷の棺に納めて、洞窟の奥へ。
そこで自分が死ぬまでずっと女性を見守っていた、という。

まああれです。狂った男の純愛って感じです(失笑

駄詩、失礼いたしました・・・

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

桃象

'06年7月2日 00:57

この歌詞を評価しました:深い

こんばんは。Acaliです。

その心を乱す、すべてのものを
その涙を零す、すべての理由(ワケ)を
すべてを奪い去りたいと

狂った と言ってしまっても、
自分を見失って、相手しか見えなくなって。
だったら何よりも純粋な気持ちなのかもしれませんよね。

桜花麗

'06年7月2日 01:20

Acali様へ

コメント、有り難う御座います!
だいぶ前に書いたものなので汗顔の至りなのですが・・・^^;
コメントを頂けて、頑張ったかいが御座いました!
真に嬉しい限りに御座いますv

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P