自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

夜の夢。

作詞: 日向七乃

明かりをつけて夜の夢。
ブランケットの中で見る夢。
蕾をつけて咲き誇れ。
月の光を浴びながら。

閉じた窓の隙間から風。
カーテンのはじを優しく揺らす。

お伽話のようなこと、
少しでも夢見ていたい。
でもどこか人の醜さ
血生臭が混ざり合っている。

明かりをつけて夜の夢。
ブランケットの中で見る夢。
蕾をつけて咲き誇れ。
月の光を浴びながら。

黒猫を抱いて暖を取る。
静かな世界に吐息がふたつ。

コントロールされた温度。
ピカソの絵のように歪む。
視界に潜んだ不快さも
どことなく僕に似ているんだ。

星の光と夜の夢。
ブランケットの中で見る夢。
花びら散らし咲き誇れ。
一夜の夢に溺れたら。

深く、沈んで。
遠く、近くで。

明かりをつけて夜の夢。
ブランケットの中で見る夢。
花びら散らし咲き誇れ。
一夜の夢に溺れたら。

※この歌詞"夜の夢。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

今宵の夢は絢爛であれ。

連投失礼しました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

2週間1日前 ('18年1月1日 21:34)

この歌詞を評価しました:共感

私は昔、予知夢を見たことがあります。たとえば、いつも行くビルの中に入ると、まったく内観は違っていたのであわてたー人でも物でも、見かけだけで判断してはならないという予告でしょうね。

日向七乃

1週間6日前 ('18年1月3日 22:10)

自分も何回も予知夢に助けられた身だったりします。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。