自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Cold breeze

作詞: 日向七乃

期待とは裏腹な愛情、陰る感情、アポトーシス。
ブレーカー落として瞑想、音を排除、病み下り。

言葉の選択肢が少ないのに
撃鉄を引く理由は多すぎる。
謎だらけなのに色めこうとする。
生きたいという本能のままに。

痛みを重ねるだけのジェンガで
抜いては積んでの繰り返し。
日々を呪うようにかけていた言葉を飲み込む。
誰も悲しまなくていいのなら
僕は独りでも歩いていく。
Cold breeze, Cold breeze
吹かれていく。

ここから先は静かな闇。
瓦礫の下に見る淡い夢。
すべてを咲かそうと降る光。
美しさを裏切る人の権化。

視線を合わせた熱で溶かした。
氷河は涙腺の川を下って涙になる。

無造作にありふれた願いすら
聞き入られずに捨てられていく。
星屑は僕の中の何かを変えてくれてたのかい?
生きる意味を失っても
その足は未来に進んでく。
Cold breeze, Cold breeze
吹かれていく。
痛みを重ねるだけのジェンガで
抜いては積んでの繰り返し。
日々を呪うようにかけていた言葉を飲み込む。
誰も悲しまなくていいのなら
僕は独りでも歩いていく。
Cold breeze, Cold breeze
吹かれていく。
Cold breeze, Cold breeze
続いていく。

※この歌詞"Cold breeze"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

失う前から冷たいのか、
失ってから冷たいのか。
その手は、
その目は。


諸事情で制作に年をまたいでしまった作品。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。