自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

桜の刻 作詞 桜野 葵衣

作詞: 愛美(まなび)

誰もいない教室に 一人佇む 私がいる
何もかもが懐かしくて 心が何だか 震えてたね
見慣れた校舎も今日は 何だか 切なくて
終わりの時を待つように 就業チャイムが 鳴り響く

桜の核を過ぎても きっと私たち 歩いていけるかな
桜の核を過ぎても きっと忘れない 此処で過ごした日々 思い出の全ても

別れを惜しむ皆と 離れた教室に 私がいる
何もかもが終わるんだね 心が何だか 少し痛くて
見慣れた景色も今日は 何だか 寂しくて
終わりの時を告げるように 最後のチャイムが なり響く

桜の核を過ぎても きっと私たち 歩いて行けるから
桜の核を過ぎても きっと忘れない 此処で過ごした日々 青い春の全ても

桜の核を過ぎても きっと私たち 振り向かないから
桜の核を過ぎても きっと忘れない 此処で過ごした日々 永遠の時間も・・・

※この歌詞"桜の刻 作詞 桜野 葵衣"の著作権は愛美(まなび)さんに属します。

作詞者 愛美(まなび) さんのコメント

所謂桜ソングです
前向きな歌詞にしてみましたたら是非是非
コメントお待ちしております。
歌詞の使用大歓迎です!よろしくお願いします

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'18年4月20日 06:54

この歌詞を評価しました:共感

学生の頃の幸せと安定って、そのときしか気づかないですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P