自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

彩りのフォーカスで。

作詞: 日向七乃

暗い闇の中で願いが輝くように
少ない可能性でも奇跡は起きていた。

気づいた?気づけていた?
一瞬でもその優しさを感じれた?

両手のカメラじゃなかなか合わなかったピントが
何故だろう君という色彩を足したら合うようになった。
僕の世界から色を奪った悲しみさえも
無邪気な色遣いが綺麗に塗り替えようとしてる。

周波数が合わなくなればノイズが生じるように
大切な別れすら記憶から薄れていく。

気づこうとして気づけなかった。
その意味を知るには少し早かった。

両手の力じゃなかなか開かなかった蓋が
いつだろう一人の力でも開けられるようになったのは。
長い時間が作り出した溝でさえも
無邪気な色遣いが綺麗に塗り替えようとしてる。

見ていた世界が小さいとか、
見ている視野が狭いとか、
そういう枠にはまらなくていいと
何度も線を足して消していく。
明日を迎える言い訳も、
生きる理由を問われることも
もう嫌いにならずに
抱きかかえて生きていける。

両手のカメラじゃなかなか合わなかったピントが
何故だろう君という色彩を足したら合うようになった。
僕の世界から色を奪った悲しみさえも
無邪気な色遣いが綺麗に塗り替えようとしてる。

※この歌詞"彩りのフォーカスで。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

眼球を覆うレンズという奇跡。

この歌詞の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'18年4月22日 19:25

この歌詞を評価しました:キャッチー

心身共に暗い世界でも、夢をもてば不思議と光が照り、進むことができ、上達していくうちに、自分の可能性が広がっていきますね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P