自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

迷い子ミーティア

作詞: きつねちゃん

迷ってた何処にいけばいいのかと刻まれた胸の傷抱えながら
届かない空の星のきらめきが物語創り出すロマン読んで

行く道を探し出すわたしにこの世界、広すぎて怖いよ
暗闇を照らすのは月光その中を走り抜け震える
夢の中いつまでもいられず目が醒めて現実に怯える
その姿ただの風追い越し笑ってる、わたしを

寂しさ溢れ今すぐに
飛んで飛んで君の処へ向かうよ
辿り着き抱きしめてその胸で
わたしめちゃくちゃにさせて
君の笑顔が優しくて
落ちて落ちて泣きそうになるけれども
夢じゃない温もりを感じてる
これが幸せなのね


紺碧のスパンコールの夜空で明かされた君の本当の心
弱虫でこんなダメなこのわたし「君が好き」まさか言われるだなんて

運命の赤い糸辿って
巡り合う二人なら信じて
これからもいつまでも一緒に
いられるよそんな気がしてるよ
許しあい結ばれた未来が
暗闇で進めないようなら
手探りで行けばいい、そうでしょ?
弱くても前見て

痛みを抱いて癒やしあい
落ちて落ちて君にすべてを預けて
死んでいくその時のサヨナラを
してもまた会えるのかな?
生まれ変わって二人また
堕ちて堕ちて恋いに焦がれ愛する
そんなのを望んでるそれこそが
ヒトの描いたロマン

背負う苦しみ、悲しみも
みんなみんな重たいけれど背負って
夜空駆け落ちていく流れ星
願う永久の幸せを
夜が明けても何処かでは
きっときっと誰かが泣いて、笑って
教わったおまじない唱えてる
それは語り継がれてる

星の群れから逸れてた
流れ星は墜ちて燃え尽き消えてく
それのよう飛んでいく、墜ちていく
わたし燃え尽きるまでは
君の涙を愛してる

いつかいつか最期迎える時まで
まっすぐに飛ぶように落ちていく
君のいる処まで振り向かず駆けるよ

Falling,I'm Falling...
Show me the way to you...

※この歌詞"迷い子ミーティア"の著作権はきつねちゃんさんに属します。

作詞者 きつねちゃん さんのコメント

君のところまで飛ぶように落ちていく話。
(楽曲は2分までの視聴制限がかかっています。)

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P