自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

幻灯綺談

作詞: 時計じかけの標的

古びた洋服に 身を包む僕
あちこち灯りが 灯された夜
僕の明かりは ずっとこのまま
照らされ続けて 空を見る

窓の向こうに 映ったあの日
曇りガラスから 曇が消えた
僕はそのまま 空を眺める
海を越えて 山を越える

見果てぬ夢がある限り
空を越えて 大地を越えて
ああ行く先を 見つけたとき
聞こえる君のその声


もう行かないで そばにいるから
もう泣かないで あなたのそばに
どこにもいかないで ここにいるから
愛し愛され そして僕らは

泣かないさ、一人では
一人では泣いちゃ ダメなのだから
泣くのなら いっそこのまま
いっそこのまま みんなで泣こう

見果てぬ夢がある限り
空を越えて 大地を越えて
ああ行く先を 見つけたとき
聞こえる君のその声

※ああ
見果てぬ夢がある限り
空を越えて 大地を越えて
ああ行く先を 見つけたとき
聞こえる君のその声

※※まだ
見果てぬ夢がある限り
空を越えて 大地を越えて
ああ行く先を 見つけたとき
聞こえる君のその声

※※※そして
見果てぬ夢がある限り
空を越えて 大地を越えて
ああ行く先を 見つけたとき
聞こえる君のその声

(以降、※サビ、※※サビ、※※※サビ繰り返し)

※この歌詞"幻灯綺談"の著作権は時計じかけの標的さんに属します。

作詞者 時計じかけの標的 さんのコメント

前回の歌詞から半年が空きました
この期間でも創作活動は実は続いてたんですが
本業の仕事が忙しくなり、なかなかこちらで発表することができずにいました。
これからの期間は少し余裕が出てくる時期なので、
出せるときには今まで創作してきた歌詞を出していこうと思います

ちなみにこの歌詞を書き上げるのに、
今回はわずか15分の所要時間でした

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P