自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

水面に写る光

作詞: 時計じかけの標的

水の底から 見えてくるその光
水の底から 聴こえてくるあの声
水の底から みえてくるその景色
水の底から 飛び立つあなたを

鏡越しに見つめた 私たちは
いったいなにを 求めていたのか
歩くことを やめてしまえば
その旅は終わる けれども
それでもなぜか 私はただ
歌い続けていたのだろう

雨が窓打つ その部屋の先で
誰にも見えない その場所で
天井ひとりで じっと空を見つめ
誰にも言えない 言わない痛みに
そうじっと じっと見つめて
消えないその痛みと 水面を
見つめて

時が流れて 私はただ
年をまたひとつ 重ねて
背負うものも 増えてきて
その背負うものが 荷物なのか
それともほかの なにかなのか

生きるためにも 歌い続けて
金のため 名誉のためにも 歌ってきた
だけど今は聞かない またいつの日か
水面に写る光が 指し示すものが
なにか答えが わかるまで

ああ 明日があると そして次の日も
叫ぶあなたの声がするけど
今は聞かずに 聞くこともせず
再び出会う その日があるならきっと

ああ みんなのその 熱い思いが
私たちの誇りだ
ああ みんなのその 熱い思いが
私たちの誇りだ

※水面に写る光 それが指し示すものとは
水面に写る光 揺れ動いてこそ
水面に写る光 それが指し示すものとは
水面に写る光 揺れ動いてこそ
水面に写る光 それが指し示すものとは
水面に写る光 揺れ動いてこそ
水面に写る光 それが指し示すものとは
水面に写る光 揺れ動いてこそ
水面に写る光 それが指し示すものとは
水面に写る光 揺れ動いてこそ

以降※サビ繰り返し

※この歌詞"水面に写る光"の著作権は時計じかけの標的さんに属します。

作詞者 時計じかけの標的 さんのコメント

ストックしてる歌詞、3曲目の公開
これは10分で書き上げた

これを公開し、ストックは残り五曲
続きはまた明日以降に

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P