自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

生きたAKASHI

作詞: K238

あの日 大きな日に
僕は 忘れなくて
君は 帰らなくて
その日 思い出した
僕ら 生きたAKASHIを

あの日 なんでもないときに ふと
目の前が揺れて 遠のく
思い出 忘れられない日が いま
僕の前が消えて 近づく

足元まで来た波が 君を連れていく
手の中に埋まっていた愛が 君は空までの...

It can’t be touched. It can’t be seen.
But I can feel it.
It might not be changed. It can hold me tight.
Yet I call it sadness.
What did I do for you?
I can’t measure how much you are in me,
I just wonder why you aren’t here right now.

とりかえすこともできず
とりつくろうことできず
それが なんでもないときの あと
目の前なんてさ もういない
それは なんでもなかったの いま
君の跡が消えて なにもない

首元まで来た波は 僕を連れていく
血の中に流れていた熱 僕は海までの...

What did I do wrong to you?
What should I present for you?
What could i leave for you?
Could I show you smile when i left from in front of you?

It can’t be touched. It can’t be seen.
But I can feel it.
It might not be changed. It can hold me tight.
Yet I call it sadness.
What did I do for you?
I can’t measure how much you are in me,
I just wonder why you aren’t here right now.

I can’t be back, I can’t get there anymore.
But I can love you...forever...

※この歌詞"生きたAKASHI"の著作権はK238さんに属します。

作詞者 K238 さんのコメント

少し友達のことを思い出しました。3月11日に。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

3週間4日前 ('18年11月18日 07:52)

この歌詞を評価しました:素敵

人の死は意外といつ訪れるかわからない。あの元気印がと思っていた人の訃報を聞くと、私たちは生かされているんだと実感します。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P