自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

群像の遠吠え

作詞: 幾月

なんもないとこで始めた影絵
区切るものもなく全部丸見え
馴れ合いすぎたフィルターと塗り絵 誰の穴埋め
どうしようもなく孤独な海月
漂う人波に掲げた本音
中途半端な半透明さで 気にする見映え

飾りつけて 聞こし給え
自由ってなんだっけ
泡立つ波と 雲のどちらが
より白いかなんて

そう きっとまだ嵐の前 たとえ夢が踏み絵になったって
そう ゆっくりとアンチテーゼ お伽噺になる僕たちへ
そう きっとまだ総本家 たとえ明日が惨めになったって
遠回りして尚足掻け 群像の遠吠え

重いものなんて神様任せ
思い通りに海腹川背
今度今度と今を捧げ 汚れて狂え

躍り疲れ 恵み賜え
理想ってこうだっけ
潰れた雪と 瞳のどちらが
より黒いかなんて

そう きっとまだ嵐の前 たとえ過去が踏み台になったって
そう はっきりとアンチテーゼ 笑い話になる僕たちへ
もう じっと咲く曼珠沙華 すべての罪が赦されなくたって
振り返らずに尚進め 衝動に幸あれ
遠回りして尚足掻け 群像の遠吠え

※この歌詞"群像の遠吠え"の著作権は幾月さんに属します。

作詞者 幾月 さんのコメント

今まで詩の方で活動していましたが、
復帰がてら歌詞にも挑戦してみようと思い立っての投稿です。
辛口含めコメント、アドバイス等頂けましたら幸いです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P