自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

坩堝。

作詞: 日向七乃

続いてた優しい声がどこかで途切れて
迷う足音はパタリと止んだ。

藍色。
冷めた色に沈む。

枯れぬ涙腺から
悲しみも、憎しみも、怒りも
混ぜたものを流して。

取り戻せない時間。
謳うがいいさ風の子らよ。

羽根色。
淡い空に浮かぶ。

枯れぬ涙腺から
悲しみも、憎しみも、怒りも
混ぜたものを流して。

きっと最期の時を占うためらい傷は
優しい声を必要としてない。

青林檎。
粉々に砕けて。

※この歌詞"坩堝。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

痛みと巻き添えに
「       。」
その言葉が別れの言葉だったかは知らない。

この歌詞の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

2週間前 ('18年11月28日 19:53)

この歌詞を評価しました:キャッチー

怒りや憎しみを涙になって、遠い過去になれば楽でしょうね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P