自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Early suicide days

作詞: 日向七乃

いつも通りの暑い夏。
例外は認められない。
弾かれた泡のような、
素敵な最期をください。

リュックに詰め込んだ宿題は
自分に必要ないものと知っている。
「やる気」を押し付けて我が物顔。
スイッチを切った犯人が自分とは知らず。

ねぇドラマみたいな恋がしたいかな。
誰もが不釣りあいな仮面を被って、
その場その場のアドリブを演じている。

即効性の毒をばら撒きながら
一部の人間がそれを「アイデア」とか言う。
お城を作るために犠牲を積み上げて
排泄を知った大人にはなりたくなんてない。

ねぇリアルってどんな風だったんだっけ?
誰もが理想を頭の中で描きながら
その場その場の嘘に濡れている。

間違いを知った過去。
疑いを孕む未来。
鉄柵の向こうには
現実と手招く重力。

陽炎が揺らしたファンファーレ。
レベルアップまで必要な経験値。
きっと死んでも咎められるだけ。
どうしてこうなったかも聞きもせずに。

白線の向こう側。
「私」を知らす悲鳴に
伸ばした掌が
空虚を掴んで離さない。
いつも通りの暑い夏。
例外はきっと僕自身。
それを知った次の季節。
机の上に花を添えよう。

答えはきっと君自身。
例外になれ君自身。

※この歌詞"Early suicide days"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

騒音で弾かれた肉片と新しい終わりを迎えた夏と。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P