自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

死滅に値する終始

作詞: utsusemi


終わりを示すのは死かと 墓穴を掘れども出ては来ず
始まりを紐解くのは 美化に溺れる懐古なのか
考え過ぎと言うなよ さも知ったような口利いて
独り善がりと揶揄すればいい これは自分対世界の詩


光も漏れぬ黒い部屋の片隅に 切り損ねた刃物と自己嫌悪の跡
外は異臭ばかり
有線で流れた甘ったるい虚構に 酸を込み上げては吐き捨てる日々
何が愛だ 何が希望だ

全て終わってしまえばいい いっそ豪快に崩落して
火種に差し出すものとは 終わりと始まりの二つか 
そいつらに罪を被せよう お前のせいと縛り吊るそう
まずどうすりゃ炙り出せる そもそも居場所は何処なんだ

被害妄想も程々にと 部屋に呼び鈴が鳴り響く
しかし居留守を使う他はない 待ち受ける恐怖などたくさん
今に見てろと心臓を剥がし 探りに探る死滅の値
血飛沫に塗れ虚ろでも この憎悪だけは消せるものか


無駄になった 拵えた明日の意味も 結局金で物事は回り続ける
人でさえ値札
画面じゃ当然に不平等が際立って 鬱病を押し殺す薬に縋る日々
何が夢だ 何が自由だ

いったい何をしてるんだ 我に返ってふと気付く
床に散らばる幼少期 こんなはずじゃなかったんだ
もう終わりにしてしまおう 零す言葉は何度目か
いずれ繰り返して朝は射す それ故の必然たる夜だ

終わりなんて何処にもない 始まりなんて此処にもない
失くした過去が全てだ 手に余る今が全てだ
否定 矛盾なんて言うなよ さも悟った人生観して
自決に慄くのが値なら つり合う墓標を刻んでみろ


そう鼓舞してたら夜が更けた 所詮 戯言は戯言で
終わり始まりと名を付ければ 自責に悶えず済む話
だが逃げ口を決めた以上 引き返す道は既にない
全てを崩落させる為に 代価はこの詩で

※この歌詞"死滅に値する終始"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P