自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

うんと熱く濃いお茶を

作詞: 景愁



あなたが旅立ってしまった
そんな日が 今年もやってきたら

あなたが好きだったものでね
僕たちは 思い出を振り返る

綺麗な花を添えるでもなく
形式ばったものでもなく
ただみんなでお茶を飲むのだ

そうだあなたは
熱くて濃いお茶が 好みだったから
いつもあなたは
一度お茶を入れたら 急須に戻して
もう一度湯呑みに入れなおす


そうするととても濃いものの
出来上がり 僕たちもそれにならい

お互いのお茶を入れてみよう
そしてあなたについて語る
それは笑い話ばかりさ

そうかあなたは
フライドチキンもね 好きだったんだな
いつもあなたは
“食べたい!”って買って 少しだけ食べて
おいしいところはみんなくれた


お茶とフライドチキンの
組み合わせはどうか
まあいいか今日は
思い出にひたろう
こんなことも
きっといつか
笑い話となったら

そうだあなたは
熱くて濃いお茶が 好みだったから
いつもあなたは
一度お茶を入れたら 急須に戻して
もう一度湯呑みに入れなおす

僕たちもそうやって今 お茶を飲むのだ

※この歌詞"うんと熱く濃いお茶を"の著作権は景愁さんに属します。

作詞者 景愁 さんのコメント

1月は亡くなった祖母の命日がある月です。
その記念としてきました^^

祖母はお茶が好きで、急須にお茶っぱを入れて、お湯を入れて、
それを湯呑みに注いで、湯呑みに注いだお茶をもう一度急須に戻して、
急須に戻したお茶をまた湯呑みに注いで、お茶を飲んでいました。
二度入れですね。
そうするととても濃くおいしいお茶になるとか^^


この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (3件)

杉菜まゆか

'19年1月21日 05:16

この歌詞を評価しました:素敵

私も母方の祖母と同じ部屋だったですね。祖母が入院したとき、見舞いにいきましたが、私の中には、祖母の血が流れ、受け継いでいるーだから、私の身体には、しっかりと祖母が受け継がれているのです。

足立美子

'19年1月21日 09:13

悲しいことに人の価値はその人がいなくなって初めて分かるものなのかもしれません。私もいなくなった後にこうして偲んでもらえる人になりたいと、思うし、景愁さんのような暖かい家族がいてくれたらもう、言うことないです。
幸せな風景をありがとうございました。

景愁

'19年1月29日 21:05

杉菜さん、コメントをありがとうございました^^
確かに自分も似たところがありますね。
いなくなってからそれを顕著に感じるなあと
思ったこともありました^^

足立さん、コメントをありがとうございました^^
本当にいなくなってから分かることが多くありました。
家の中の雰囲気もがらっと変わってしまったです。
なんだかんだあっても家族は大切ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P