自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

夢の幕間

作詞: 足立美子

三日月の舟を銀河に浮かべて

ゆらり ゆらり ゆらゆらり
下っていきましょ

近くにおいでと あなたは言う・・・


虹色の橋を天の川に掛けて

ふわり ふわり ふわふわり
渡っていきましょ

少しこわいと 私は言う・・・


金の砂を集めて作ったお城

きらり きらり きらきらり
登っていきましょ

転ばないでとあなたは言う・・・


蘭を模した白い綿で作った花

ほろり ほろり ほろほろり
花びら拾いましょ

可哀想ねと私は言う・・・


二人でいるのに淋しい理由(わけ)は
きっとあなたが吹く口笛のせい
消えてしまわないで
お願いだから・・・


夢をたどって一人目覚める夜明け前

はらり はらり はらはらり
涙が伝う

どこにいますかと私は問う・・・


※この歌詞"夢の幕間"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

童話の世界で出会った君は、大人になったら消えてしまいました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
素敵 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (3件)

景愁

3週間2日前 ('19年2月24日 22:47)

この歌詞を評価しました:素敵

大人心があり、子供心もある。
そんな幻想的な素敵な歌詞ですね。
大人になっても童心は持ち続けたいですね。

朔夜 翠

2週間3日前 ('19年3月2日 11:24)

この歌詞を評価しました:深い

子供の時、何気なく出来ていたことが大人になると出来なくなる。
見えていたものがひどく見えづらくなる。
改めて大人になる事とは、なんて考えてしまいました…

幻想的で、とても儚げですごく好きです(*^^*)

足立美子

2週間3日前 ('19年3月3日 00:01)

景愁さん、コメントをありがとうございます。
昔は白馬に乗った王子さまがいたのにな~(笑)

朔夜 翠さん、コメントをありがとうございます。
いつまでも少女のままではいられないし、いたくない。
そんな気持ちを少しでも分かってもらえたら嬉しいです。
ありがとうございます(///∇///)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P