自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

中二病患者のカルテ「記憶泥棒編」

作詞: 日向七乃

僕の写った写真、
懐かしさに張り詰める胸。
君の写った写真、
胸の内から溢れ出る痛み。

汚れてしまった後悔の念から
流れた涙は綺麗ですか?

僕の写った写真、
言いたいことを言えずにいる。
君の写った写真、
お互い笑って写るのが下手で。

消えたいと願っていた君の願いは
今僕の願いにもなっている。

記憶をなくすために夢を見る。
誰かの声で紛らわせたい寂しさを
知られたくないから徐々に出なくなる
声を拾い集めてる。

来なかった春に想いを寄せるたび
記憶の君は霞んで消えていく。
朧気に見える月が止まってる。
愛の揺り籠を揺らすこともなかった。

記憶をなくすために夢を見る。
誰かの声で紛らわせたい寂しさを
知られたくないから徐々に出なくなる
声を拾い集めてる。
君の跡形もないほど消せるなら
最初の「好き」を忘れられたらいいのに
僕の中からそんな記憶を盗めずにいる、
たぶん恐れているんだ。

僕が僕の形を成していることを
嘘だって証明したくないから、
記憶泥棒が今夜盗んでくれる、
後悔とか、後悔とか、後悔とか。

※この歌詞"中二病患者のカルテ「記憶泥棒編」"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

昔の君に出会えたこと。
僕のした事の後悔とか、全部。
誰かが忘れさせてくれたなら。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P