自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

中華街のクソったれぼったくり野郎

作詞: 景愁



ちょっとした小話だがよ
この前10年ぶりくらいに
中華街に行ったんだ 友達とさ

「そもそもなぜこんな場所に
あるんだろうな」とか言いながら
歩いていくと“関羽”が 祀られている

派手な寺院が見えて
お参りをして
なにかすっきりしたと
また進みだした時だった

「今店長がいないから
おまけするからね! 買いなさいよ
内緒だから 運がいいや
あなたたちとても! 買いなさいよ」
道端の奴がごり押ししてきた
道端の奴がごり押ししてきたのさ


それは“天津甘栗”で
「もうちょっと安く…」と友達は
圧倒されてしまって 買っちまった

(栗なんて食わねえな)
そう思っていたら
奴は(買わねえのかよ
このクソ野郎)という目で

「あなたも買うんだよこれね
おまけしたからさ! 1000円だよ」
すごい剣幕だから俺も
思わず払って 買っちまった
縁日で買えばもっと安いぜ
縁日で買えばもっと安いんだよ


やっちまったと思った
栗なんて食わねえから
だが少し
冷静になって
考えを巡らせてみたってわけさ

(歩いて食べたならうまいか)
剥こうとしたけど 剥けやしねえ
(家でゆっくり食べるかな)
剥けやしねえものを 食うわけねえ
たいいち俺は栗なんて 食わねえ
そうだよ俺は栗なんて食わねえんだ!

あのクソったれにとっては
俺たちは“栗を食う財布”でな
だが俺は“ただの財布” 財布だったのさ


※この歌詞"中華街のクソったれぼったくり野郎"の著作権は景愁さんに属します。

作詞者 景愁 さんのコメント

先週投稿しなかったので、もう一つ。
これは実体験をもとにしています。
気持ちの整理をするために書きました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P