自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

もうろくジジイとはぬけババア

作詞: 景愁



忘れた頃に 故郷に帰ってみれば
古く懐かしい人が
変わらず迎えてくれて

いつになっても おんなじ顔をしながら
おんなじことを言うんだから
それは安心したものさ

でもそうじゃなかったんだ
時は何も引き留めはせず
容赦なく進んでいくもの
それに気づくのが遅すぎたな…

やがていなくなってしまったよ
“もうろくジジイとはぬけババア”
そんな愛すべき人たちはもう


いつの間にほら 僕も年をとっていて
あちこちガタがきている
“時代”には取り残されて

役に立たないなりにさ
これからの役割について
ぼんやりと巡らせてみると
また思い出しあふれていく…

僕ははたしてなれるだろうか
“古いだけが取り柄の人でも
とても愛すべき人”になんてさ


おかえり
しばらくだったね
元気にしていたかい
顔を見るだけで
ほっとできる
あなたたちのように

いまはいなくなってしまったよ
“もうろくジジイとはぬけババア”
そんな愛すべき人たちはもう

いつかはたしてなれるだろうか
誰かの心に生き続ける
そんな愛すべき人に僕もさ

※この歌詞"もうろくジジイとはぬけババア"の著作権は景愁さんに属します。

作詞者 景愁 さんのコメント

祖父と祖母。
自分にとっては両方いなくなってしまいましたが、
とても大切で、いつでも思い出せる人たちです。

今回のテーマは、そんないつまでも心に残る懐かしい人。
「もうろくジジイ」「はぬけババア」は
「男はつらいよ」で使われる言葉ですが、
今回はその雰囲気の親しみを込めて、使用しました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

足立美子

'19年4月15日 15:02

この歌詞を評価しました:おもしろい

面白いタイトルにひかれました。だけど、あったかくて優しい気持ちになれました。景愁さんの日常は穏やかですね。

景愁

'19年4月20日 20:30

足立さん、コメントをありがとうございました!
やっぱり故郷というか古き良きものや人は支えになりますね。
逆説的な、少し工夫をしたので、うれしいです^^

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P