自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

ailment room

作詞: Hanamiya

心に刺さった声は 季節を超えて
涙を流した時に 重なって見える
夢の中では少し 柔らかい二人
目を覚ましたら 寒さを覚える

駅までの道のり うるささは変わらず
気にもしてなかったって今更思う
二人歩いてる時の 会話は覚えてないけど
君の声だけしか聞こえなかった気はしてた

この耳もこの心も 慣れていたんだ
君の声がいまでも 流れている

朝は酷くうるさくて 夜は酷く静かなんだ
それが当たり前だ ただそう言い聞かせた
懐かしさは傷になり 優しさは怖れに変わる
ただ普通に戻った ただそれだけなのに


君の後ろ姿は 特に誰とも変わらず
だから時に 君と勘違いして声をかける
君と居た普通と 一人という普通の
変わりが未だにわからないまま

この部屋もこの机も もう意味がない
君の姿がいつまでも 見えている

朝は酷くうるさくて 夜は酷く静かなんだ
永久に願った思い 夢の中で輝いて oh
懐かしさは我慢になり 大丈夫が今の精神薬
何が変わる?それだけ目を背けた


窓に一輪の赤い花 壁には君との写真
タンスの中には君の服 靴 Oh
二つ輝いてる指輪 どうしたら どうしたら
捨てられるんですか

心に刺さった声は 愛してるって
涙を流した時に 頬をかすった
夢の中なんだって そう言い聞かせた
でも君はもうずっと 夢の中

朝は酷くうるさくて 夜は酷く静かなんだ
それが当たり前だ ただそう言い聞かせた
懐かしさは傷になり 優しさは怖れに変わる
ただ普通に戻った ただそれだけなのに

もう泣かないよ 笑われないように

※この歌詞"ailment room"の著作権はHanamiyaさんに属します。

作詞者 Hanamiya さんのコメント

もういないとしてもまだいると思いたくて
その最後の瞬間も夢にいつかでてくるのであろう
まだ優しい夢、でも辛い夢。大丈夫ってただ言い聞かせた

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P