自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

やみを切り裂けろ

作詞: 杉菜まゆか

やみを切って走れ
突然黒い霧 おおわれて
急いで駆け出す野原に
逃げ出すところも 見当たらず
ひたすら 駆けて逃げろ
前を向いて走れ

傷ついたら唾でなめて 治療して
片足でも 精一杯走れる
振り向いたら 塩のよう
立ち止まらず 山に向かい
息を切らし 倒れるまで
さあ go ahead

昔の街並み 滅ぼされ
今ではあとかたさえない
煙が昇ったそのあとは
朝日が輝く明け方

やみは消えて去った

※この歌詞"やみを切り裂けろ"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

旧約聖書のソドムの町をテーマに書いてみました。決して後ろを振り向かず、前を向いて歩けをテーマにした歌詞です。

この歌詞の評価
評価項目評価数
元気が出る 1
切ない 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

ももこさん

'19年6月30日 14:42

この歌詞を評価しました:元気が出る

杉菜さん こんにちは。

聖書の中の町がテーマなのですね。
後ろを振り向かず前へ前へと向かう。
なんか緊迫感があっていいです。
現実でも、前を向いて歩くのがいいですね。
過去は帰ってこないですものね。

>やみは消えて去った

最後がとても心すっきりして良いと思いました(^-^)

くりす

'19年6月30日 21:30

この歌詞を評価しました:切ない

こんにちは。

あぁ、旧約聖書、創世記の19章辺りでしょうか。
ロト一家が逃げるところを細かく、杉菜さんにしか表現できない方法で感情的に描写している辺りセンスを感じますね。
言伝に背いた妻が塩の柱になった描写もしっかり組み込んでいて細かいなと思いました。

こう、聖書の箇所を歌詞にする方って中々見ないので本当にセンスを感じます。言うの2回目ですが。

どこか上品さが漂う新約に対して、旧約はどこまでも無慈悲で冷酷な神様が描かれた旧約。

まぁ、ソドムもゴモラも退廃的な街なんて言われてましたけど、やはり切なさが込み上げますね。特に、ソドムの住人はまぁ亡ぼされて当然かもしれませんけど、これをテーマに現実の世界に当てはめているのでしょうが、旧約聖書上で生き残ったロトが結局どうなったかを考えると、本当に闇は去ったのか? と、あまり前向きにもなれないなと思いました。

なんか「ロト災難続きやん」って旧約聖書を知識として読み込んだ昔、僕はそう思いましたねw
自分の使用人が叔父の使用人とトラブった所為で叔父と離れ離れになり、移り住んだ街は超絶治安が悪くて、更には神様がそこを滅ぼす気満々で叔父がなんとか神様を宥めてくれたものの、やっぱり滅ぼすことになって、でも自分達は叔父と神様の使いのお陰でなんとか逃げることができて、だけど家は失うわ、妻は塩の柱になるわ、恐怖で人がいるところには住めなくなり、終いには実の娘二人に酒飲まされてベロベロに酔っぱらってその娘二人の子を産む仕事をさせられ……。

うわぁ……ロト……と思いましたね。
創世記19章だけで中々濃密です。

すみません。だらだらと長くなってしまいました。
本当にごめんなさい。
では。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P