自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

ロボットの涙

作詞: 杉菜まゆか

蒼い月明り 一筋光
救いの道しるべになり 手招きしているよ

ロボットみたいに心 なくしたら
どんなにラクなんだろう 
ガマンすればするほど悲しい
鉄の心なんて 私は持てない
冷え切った身体ごと
投げ出し 熱い炎取り戻す
喜怒哀楽

ロボットの涙 見たことないが
そのときの都合次第で 消滅してしまう
新生するのは 人間だけの特権
今命があるうち 光見上げ生きる


※この歌詞"ロボットの涙"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

人は神のロボットとして造られたのではなく、自由意思をもってつくられたのです。善をするのも悪をするのも、それは人間の自由ですが、しかし、自由の後には責任が生じ、やはり良心に従わないと罪悪感を感じるのは、神が与えてくれたことです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
切ない 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

ももこさん

'19年7月10日 16:20

この歌詞を評価しました:切ない

杉菜さん こんにちは

ロボットの涙ってみたことないですよね~。
人間には感情がありますが、ロボットにはないですね。
ロボットのように心をなくしたら、ほんと楽かもしれません。
人間には心があるから苦しい、辛いこともたくさんありますね。
でも楽しいことも味わえるのは人間ならではですね(^-^)
ちょっと、ほろっとくる詞でした(-_-) 

dagg2

'19年7月12日 18:59

この歌詞を評価しました:キャッチー

姉さま、いつもありがとうござい〼。

耳学問なんですけど・・

2000年ぐらい前キリストの誕生は、神様が人間となってこの世にこられた出来事であり夜の出来事だったとか?
世界に暗闇があるように、私たち自身にも暗闇があるけれど、真っ暗ではないらしいのです・・
その暗闇の中に神様の「恵みの光」が訪れたから私たちの中に「光」が訪れ、暗闇にいる者たちを照らし平和へと導く。
ここにクリスマスがあると・・
神様からの一筋の「光」が私たちに射し込んでくるから、この世にも希望が持てるのであると・・
暗闇の中であっても絶望しないで生きることができる。

>>善をするのも悪をするのも、それは人間の自由ですが、しかし、自由の後には責任が生じ、やはり良心に従わないと罪悪感を感じるのは、神が与えてくれたことです。<<

↑の姉さまのコメ欄に記述してあるのは、 自分一人のものの見方とか感じ方だと言う主観的なことだと思うのですが?
間違っていたらごめんなさい。
                  ~dagg


コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P