自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

千年の惑い

作詞: 足立美子

雲の波を漂う月は
まるで誰かの魂のように
千年変わらぬ光放って
今宵も妖しく輝く・・・


紫(ゆかり)という色の果てに
匂い立つ香りにむせて
熟れすぎた果実のように
落ちる日を待っている

小指を繋ぐ銀の糸を
君はいとも容易く咬みちぎり
空へと昇る 白い羽たなびかせて

昨日の幻と今日見た儚い夢
交差するふたつの月は
別の世界の星

もう二度と逢いまみえないと
言っているのか
それは神のみぞ知る・・・だろう?

月を差し示すのは君のまっすぐな指
宙を彷徨う魂をかき抱きながら
あといくつ夜を越えたら
愛しい君に逢えるだろう

ああ、千年という時を惑いながら
また越えてゆくのだろう・・・

※この歌詞"千年の惑い"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

歌詞というよりポエムに近くなってしまった
感がありますが・・・(///∇///)
ごめんなさい。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 2
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (3件)

杉菜まゆか

2週間2日前 ('19年9月3日 06:55)

この歌詞を評価しました:素敵

かぐや姫を連想しました。この世には終わりがあるといいます。宇宙も地球もいずれは、終わりを迎えるのですが、その前に素敵なロマンスがあればいいですね。

鳴海 獅宵

2週間1日前 ('19年9月4日 21:48)

この歌詞を評価しました:素敵

足立美子さん、お久しぶりです。
不思議で妖しくもあり、綺麗で雄大な世界が目に浮かびます。
足立さんの言葉選びのセンスに、久々ながら今回も
感服させられました(^^)b

足立美子

2週間前 ('19年9月5日 09:43)

杉菜まゆかさん、コメントをありがとうございます。
かぐや姫は大好きなモチーフです。ついつい書いてしまいます(///∇///)

鳴海獅宵さん、コメントをありがとうございます。
お久しぶりです(^_^)
お褒めのお言葉、嬉しいです。ペースは落ちましたけど、ぼちぼち書いてます。これからもよろしくお願いしますm(__)m

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P