自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

頃・・・

作詞: 足立美子

小さく折り畳んで
胸のポケットにしまいこんだ
言えなかった言葉

なんで優しくできなかったかな
そんなこと ふと考える夜

人差し指で弾いた鍵盤
弾けないピアノ
歌いたかった歌

なんで笑えなかったのかな
後悔じゃなく ただの思い出

桜の咲く頃
もう一度 逢いたい
同じこと繰り返すだけだけど
あの頃に・・・
ほんのひとひら花が散る


なかったことにした
悲しみの在りか
忘れようと

振り返らないで
歩きながら手を振った
泣いてる顔は見せたくない

立ち止まったらいけない気がして
走りかけたとたん
風が強く吹いた

なんで怒らなかったのかな
それはあなたの強さ

雪の降る頃
もう一度 逢いたい
同じ道めぐるだけだけど
あの頃に・・・
ほんのひとひら雪が舞う


晴れ渡る朝
曇る午後
雨の降る夜
夜明けの雪
一度だって同じ日はないのに
あの頃の同じ空を見上げたい

桜の咲く頃
もう一度 逢いたい
同じこと繰り返すだけだけど
あの頃に・・・
ほんのひとひら花が散る

雪の降る頃
もう一度 逢いたい
同じ道めぐるだけだけど
あの頃に・・・
ほんのひとひら雪が舞う

※この歌詞"頃・・・"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

どの頃に戻りたいですか?
戻れないから思うこと・・・。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
深い 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

3週間3日前 ('19年10月21日 04:06)

この歌詞を評価しました:深い

桜の花びらの上に乗った雪が、花びらと共に風にそよぎ溶けていく・・・
そんな光景が目に浮かんできました。

ジンジャー

2週間6日前 ('19年10月25日 09:37)

この歌詞を評価しました:共感

嗚呼、ありますね、戻りたい頃が幾つか。
二人で透明な涙を流したあの頃・・・。
もし、もう一度逢えるのなら、あの頃の涙を
二人で拭ってあげたいですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P