自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

invisible rain

作詞: 日向七乃

有象無象が降り注がれたその心は朽ちながら落ちる。
上手く傘を差せただろうか?君がこれ以上濡れないように
見えない雨に打たれながら。

冷たい肌を滑るように悪戯な悪意は踊る。
どれも君を綺麗には磨けないのにと黙って見てる。

初めは宝石も汚い手で掴まれるけど
君は涙と痛みの中で産まれてきたんだよ。

君が自由を選ぶのならば僕には止める権利はない。
見えないものを信じた先で答えに近づくというなら
細い肩をそっと抱きしめる。

哀しい目をして触れるから傷は深くなるばかりで
優しい目をして触れたら君は疑ってかかるだろう。

水滴が静かに落ちては
感情を揺れ動かしては消えていく。
目をこすっても見えないものは見えないし
結論だって、まだ。

雨の雫が音を出すから君の声が聞こえなくなる。
届くのならば伸ばし続けるこの手が腐り落ちるまでは。
有象無象が降り注がれたその心は朽ちながら落ちる。
上手く傘を差せただろうか?君がこれ以上濡れないように
見えない雨に打たれながら。

※この歌詞"invisible rain"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

恋なんてできない年頃

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P