自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

光芒

作詞: utsusemi


待っている ただ待っている
哀しみを癒す朝を
思い出の跡地にはもう戻れないからこそ
待っている ただ待っている
期待さえ嫌々だろうと
疲弊した体を無理やり起こし続け待つ

何が正しいとか 何が間違いだとか
どうでもいいから せめて取り残されないように
照らしてくれよ 光


世界が恐怖を謳い始めたから
遮蔽した扉の前 不穏 翳り 痛みの山
一歩も動けないほどに震えに籠る日々の中
いつか綴った自分の詩が 出てこいと責め立てる

たかが知れてる どうせ嘘吐きならば
苦心 苦笑 苦悶 苦闘を食べ尽くして

待っている ただ待っている
全てが報われる朝を
無力さに泣き崩れ 終わらせぬよう言い聞かせて

奪っていった奴ら 素通りで済ました奴ら
憎んでも構わない 正気まで失わないように
照らしてくれよ 光


脅かす対象が得体の知れないものなら
「人間」という恐怖など何てちっぽけなものだ
信じることを諦めても 疑ってばかりじゃ進めない
本当の必要は 扉を開けるまでの覚悟

そんな偉そうな口を利けた立場じゃないから
失望 失態 失明 失踪を繰り返して

待っている ただ待っている
起死回生に狙う朝を
手放したこれまで 無意味にするわけにはいかない

孤独に沈む詩だとて 変われずの今日だとて
もがき続ける命こそ 行く末を示すように


明けない夜はない
否定しては肯定して
多くを傷付けここまで辿り着いた
闇を切り裂く使命がお前である限り
少しは鮮やかな夢を照らしてくれよ



※この歌詞"光芒"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'20年4月3日 18:46

この歌詞を評価しました:共感

草冠というのは地上という意味ですが、草冠の下に古いと書いて苦しいと読む。この機会に、料理や家事をマスターするとか、新しいことにチャレンジするチャンスかもしれませんね。

utsusemi

'20年4月16日 17:39

>杉菜まゆか さん

様々な苦難は、どんなに最善の手を打とうとも最終的には「機会を待つ」に直結する。と考えながらこの歌詞は綴りました。

光が差そうが差すまいが、どちらにせよ次を考え動くことは重要なことですよね。
感想、評価ともにありがとうございました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P