自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

春北斗

作詞: utsusemi


不安定な道を四つの車輪が走る
揺れるバス席にもたれ 旅立つ故郷を眺めた

思い出だったあの場所も 夜は音も立てず静かで
余韻に浸る間もなく窓を横切っていく
挨拶する奴 ましてや帰りを待つ友さえ居ない
それでも込み上げる虚しさは後ろめたい

荷物は捨てきれない未練と
それに相反する期待と不安
自分で選んだ切符を持っている以上は
弱音を吐かないと言い聞かせて

大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
それが違った結末だとしても
大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
この先 雨ばかり降ろうとも
望んでは傷を負って たくさんのものを諦めてきたけれど
きっと大丈夫 絶対大丈夫
嘘でいいから信じさせてよ


孤独を遊泳する 宇宙飛行士のような星
周りが見向きしなくても輝き続けて
果てしない時間と自分は向き合っていく中で
それみたいに胸を張れるのだろうか

まばらに置かれた街灯の照らす路線はもう終わる
いつだって不自由さに甘やかされてきた

大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
居場所が何処だか分からなくても
大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
手を振る日々に泣き崩れても
こんな歌自分には似合わない けど前を向くために歌うんだよ
きっと大丈夫 絶対大丈夫
今だけは強がりを言わせてよ


抑え切れず震える手 思わず浮かべた誰かの顔
離れていった故郷 自分は「ひとり」で立っている


大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
どんなに上手くやれなかったとしても
大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
この位置が始まりを示す星だ

大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
自分が自分で居られる限り
大丈夫 大丈夫 上手くやれるよ
信念の咲く場所は変わらない
散々迷って走って疲れても 最後にはほらバスは到着している
きっと大丈夫 絶対大丈夫
少し頼りない春と共に

行こう

※この歌詞"春北斗"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'20年4月13日 17:42

この歌詞を評価しました:共感

歌は前向きに生きるために、ひとときの間、我を忘れるための気分転換ですね。

utsusemi

'20年4月16日 17:19

>杉菜まゆかさん

自分も身の回りのたくさんの歌を聞いて育ってきたので、時として人を形作るものなのかなと最近は思います。

毎度ながら、感想励みになります。ありがとうございました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P