自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Little prayer

作詞: 日向七乃

瓦礫の隙間を埋めてく
希望が咲くのを待たず
見えない明日へと歩く
その先が闇一面でも。
自分を疑ったあの日も
気持ちを殺したあの日も
何一つ形を変えず
この胸の中にある。

それでも、
すべて許せる気がした。
それでも、すべてを。

小さな願いが遠い夜空へと飛んでいく。
星を超えて、
月を超えて。
光の向こうへと。
消えないでと願った体温はまだそこにある。
足並みを揃えて永遠へ。

種子が小さな芽を出す頃
命の息吹は四季に
優しく包まれながら
新たな一歩を踏み出す。
終わってしまった恋が
錆びつくだけの感情が
剥がれ落ちていく心が
形を保っている前に。

「これからの未来も
すべて許せる日が来る?」
僕には今も
答えを出せずにいるけど
君と願おう。

小さな願いが遠い夜空へと消えていく。
風に乗って
大気圏のその向こう側へと。
募った想いに傘をさせる勇気はまだある。
僕は、
僕のままでいたい。

小さな願いが遠い夜空へと飛んでいく。
星を超えて、
月を超えて。
光の向こうへと。
消えないでと願った体温はまだそこにある。
足並みを揃えて永遠へと。

※この歌詞"Little prayer"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか。
前作から少しだけ間が空いてしまいましたが
ようやく書く気になったので、
少しずつまた自分の中の毒を吐き出していきたいと思います。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

2週間2日前 ('20年6月30日 17:59)

この歌詞を評価しました:共感

許すというのは、忘れることでもあります。すべてを許せることのできる人は、強い人ですね。

日向七乃

1週間6日前 ('20年7月3日 00:13)

杉菜まゆかさん、いつもコメントと評価ありがとう。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P