自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

解離

作詞: 足立美子

私の目の前の席で
喋り続けてるこの人は誰だろう
知り合いだと思うけど
思い出せない

大きな身振り手振りで
時折 声をあげて笑う
だんだん朦朧としてきた頭
チクチク痛む

忌々しくて
禍々しくて
切り取ってしまいたい・・・

私が解離していく
心が身体から剥がれていく
静かに血の気が引いて

ねえ、聞いてる?
ああ、そういえば
好きだった人



いじらしく散らした花
つまみ上げて拾い上げてまた棄てて
どこで間違ったのだろう
思い出せない

もともとこんな人間でした
気づかなかった君が悪い
だんだん霞んでいく視界
そう私が悪かったの

白々しくて
空々しくて
頬に降りかかる雨・・・

私が解離していく
得体の知れない違和感は
肌に浸したような冷たさ

ねえ、聞こえてる?
ああ、そういえば
欲しかった人



不思議そうに眺めてる
空洞のようなまなざし
もう帰っていいかしら?


私が解離していく
心が身体から剥がれていく
静かに血の気が引いて

ねえ、聞いてる?
ああ、そういえば
好きだった人


ねえ、こんな私を許せないでしょ?



※この歌詞"解離"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

どこがそんなに好きだったのかな?
考えてたら時が止まった。そんな瞬間。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'20年9月19日 03:56

この歌詞を評価しました:共感

恋心はある日突然、花びらのように散っていく。恋心の花びらは、どこに行くのでしょうか?

足立美子

'20年9月19日 11:34

まゆかさん、いつもありがとうございます。
優しい作品を書きたいです。刺々しい毎日にそろそろ疲れてきました
(笑)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P