自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

蛍石

作詞: Makko

3秒後にもし僕が消えても 全て変わらずうまく進むのかな
なんて考えに纏わりついてた 靴擦れみたいな痛みを誤魔化す
肝心なところで何にもなれずに 置いて行かれる感じが拭えない
僕にしか見えない世界って何だよ 分からずにまた開くハードケース

お金をもらうために怒られに行くバイトも 引き出しで転寝する渡せない手紙も
最後の意地で投げ出さないだけ 最後の意地で投げ出せないだけ

寄せては返してまた寄せてく 自信の無さをどう飼い馴らそう
強く握ったら割れそうなほどに脆い 淡い光を放つ希望を探している


話すときにはなるべく綺麗で 背伸びした言葉を選んできたけど
それも時々うまくいかなくて 不自然なくらい黙ってしまって
少しだけきつい飲み物が欲しいよ 喉を過ぎても消えない苦さが
胸のどこか今も突っかかったままの 言いたいことに似てる気がしてた

優しさで心が低温火傷したんだよ 知らず知らず見返りを求めてしまうから
無償の愛なんてないと言えるよ くれれば返すからそれでいいでしょ

返しては寄せてまた返ってく 宛てのない疑念をどこに捨てよう
糸の色も確かめられないほど 僅かな繋がりを必死に保っている

寄せては返してまた寄せてく 自信の無さをどう飼い馴らそう
強く握ったら割れそうなほどに脆い 淡い光を放つ希望を探している

※この歌詞"蛍石"の著作権はMakkoさんに属します。

作詞者 Makko さんのコメント

お久しぶりです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

2週間前 ('21年2月12日 03:04)

この歌詞を評価しました:共感

人はみな、自分一人で生きているのではなくて、神と人によって生かされているのです。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P