自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

まいらいふ

作詞: m+n


ココロがいまも削れてる 音も立てずにハラハラと
愛想笑いを振りまきつつ つまらない大人に諦めた

言葉が消えるまでに幾つ覚えているだろう

耳を閉ざして彷徨う夜 どうせダレの声も聞こえやしないんだ
たったひとつしかない そう信じ込むほうが楽だよね

言葉が消えていくその時なにを抱くのだろう

見上げればハイウェイを行く灯り
下道に揺られる頼りない影


いつからか助手席にはキミがいて
肩をぶつけ合い歌うふたりの未来

いまは夢を見なくなった 横顔をチラ見して脇見だぜ
見通しの良い道を行こう それだけで特別な未来に変わってく

言葉が消えるまでに幾つ覚えていられるだろう
言葉が消えていくその時なにを抱くのだろう


※この歌詞"まいらいふ"の著作権はm+nさんに属します。

作詞者 m+n さんのコメント


あと何回お花見のチャンスがあるだろねーって悲しいこと言われた!

ひとりで桜を見ること考えると泣けてくるね

大切な人のために引き締めて引きこもろーぜ!

姉さんってばカッコイイ



キミが言祝ぐ音に耳を傾け
時間は今日も優しく揺られ続けているのに
小さな幸せ 大きな悲しみ訪れ
時間は今日も等しく揺られ続けているのに

嗚咽は零れ落ち助けを求め伸ばす
ボクらはただ見ている

言葉が消えるまでに幾つを覚えていられるだろう
言葉が消えていくその時なにを抱くのだろう


声を失い呼吸さえ乱す
時間は今日も等しく揺られ続けているのに

目を反らすことなく顔を背けることなく
ボクらはただ見ている

言葉が消えるまでに幾つを覚えていられるだろう
言葉が消えていくその時なにを抱くのだろう


嗚咽は零れ落ち助けを求め伸ばす
ボクらはただ見ている

キミが言祝ぐ音に耳を傾け
時間は今日も等しく揺られ続けているのに

言葉が消えるまでに幾つを覚えていられるだろう
言葉が消えていくその時なにを抱くのだろう

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

3週間1日前 ('21年3月29日 06:55)

この歌詞を評価しました:深い

春風に乗ってきたドライブですか。新しい景色が見えるといいですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P