自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

花時雨の現実逃避

作詞: utsusemi


通り雨 逃げるように 身を潜めた待ち時間
滲む春にため息を 吐き捨てた

気付けばこの街並みも 面影が見えなくなったな
浮遊する思い出だけ 塗り潰して

ほらやっぱり やっぱり 変わってしまう
全てを過去に置いて
そしていつかは忘れていくんだね
胸を焦がす傷さえも


失うことが怖くて けど失うものがあといくつ
残っているかを知るのは もっと怖い

もう分かっている 分かっている 生きている以上
終わりが着地点だって
せっかく綺麗に桜が咲いても
雨には逆らえないよ

また次第に 次第に 酷く降り出す
俯けば水溜まりが
歪んで映るかつての自分を睨む
何処で間違えたんだろうって


ほらやっぱり やっぱり 戻れないよ
全てが過去に老いて
こんなことばかり考えてしまうのは
ひとつも忘れたくないから

ねえいつかは いつかは 晴れるのかな
生きてよかったなって
春の現実逃避はまだ続いていく
せめてこの時だけでも

笑いたいのにな
笑えなくて
でも泣けなくて
遣る瀬なくて
ひとりただ空を見上げるのです


雨上がりの寂しさ 言えないままの「さようなら」
それでも先へ進むかは 自分次第

※この歌詞"花時雨の現実逃避"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'21年3月31日 17:09

この歌詞を評価しました:深い

この詩の続きが気になります。雨上がりの虹のように、和解すればいいですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P