自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

花あらし

作詞: 足立美子

ふと見上げた空の高さ
君の声を聞いた気がして
誰にも聞こえないくらい小さな声だった

立ち止まって振り返れば
流れていく記憶の風
思い出 それはきっと
二度と戻らない時の砂

後ろ姿 追いかけても
いつも手が届かない
それが夢の中だと分かる頃
また夜が深くなる

吹き荒れれば
花びら散らして 惜しげもなく
踏み越えていかなけりゃ
いけない時もある

吹き荒れれば
花あらし 美しく破壊して
そしていつか目の前に
君がいる そう信じてる



ふと見上げた空の青さ
軽いめまい覚えながら
立ってることがやっとだけれど
かかとに力込めて

遠くを見つめたまま
うなずいてくれた人
夕焼けが頬に陽を映し
一枚の絵のように

吹き荒れれよ
花びら舞い上げ 奇跡のように
そこだけなぜか鮮明に
忘れられない

吹き荒れれよ
花あらし 迷わず破壊して
そしていつか目の前に
君が待つ そう信じてる



吹き荒れれば
花びら散らして 惜しげもなく
踏み越えていかなけりゃ
いけない時もある

吹き荒れれよ
花あらし 迷わず破壊して
そしていつか目の前に
君がいる そう信じてる

君が待つ そう信じてる



※この歌詞"花あらし"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

花は散るから美しいのです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'21年8月28日 04:34

この歌詞を評価しました:素敵

花が散る光景って、花火に似ていますね。線香花火のように、細く長く散っていければ素敵ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P