自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

雨が止む頃

作詞: M.KODAIRA

雨が止む頃
作詞・作曲 M.KODAIRA、編曲 T.HAMAYA


君は知っていたかい?
会う時いつも雨が降っていた事を

ふたりの内の どちらかが
きっと雨を降らせていたんだろう

 君の事は 知ってるよ
 昨日の事も 知ってるよ

 無理に笑顔つくる君が
 傘をささない その訳も

  その頬が濡れているのは
  雨のせいだけじゃないんだろう

  今の君にそんな事
  僕には とても言えないけれど

他の女と寄り添いながら
あいつは君を置き去りにして

君はあれから無口になった
僕の前で涙も見せない

 ひとり遠くを見つめてる
 君の背中がさみしい

 君が、君の恋を通り過ぎて
 ここから 僕の恋が始まる

  でも君はまだ あいつの事
  諦めていないみたいで

  手も足も出せない僕が
  ここに居る事に気付いて

(間奏)

 ひとり遠くを見つめてる
 君の背中がさみしい

 君が、君の恋を通り過ぎて
 そこから僕の恋が始まる

  でも君はまだ あいつの事
  諦めていないみたいで

  手も足も出せない僕が
  ここに居る事に気付いて

Ah 僕が泣きたい気分だよ
Ah 僕はどうすればいいのさ

いつか君が夢見ていた
恋する二人が寄り添う街

聞かせて 君のその声を
笑顔が一番 素敵だから

 何も見えない あの頃に
 もう一度 戻って見ないか

 一人でいるのは 寂しいけれど
 君は一人じゃないんだよ

  この雨が、雨が止む頃
  君の心の傷も晴れて

  そこから歩き始める
  君をいつも見つめている

Ah 僕は君が好きだから
Ah 僕は君を待ってる

もっと 泣いていいんだよ
もっと 泣いてもいいのに

Ah 僕は君が好きだから
Ah 僕は君を待っている・・・

※この歌詞"雨が止む頃"の著作権はM.KODAIRAさんに属します。

作詞者 M.KODAIRA さんのコメント

 彼氏と別れてしまった彼女に気づかいながらも
僕の気持ちに気づいて欲しい。
 
 だけど今はちょっと伝えられなくて、時期を待っているっていう
感じを、ストレートに歌詞にしたつもりです。

雨はいつか必ず止むものです。

追記:

この歌のイントロのベースラインがSHIMIZU氏によって
作られた時の衝撃は、今でも忘れられません。。
この曲から、卒論そっちのけのアルバム作りが始まったのでした。。。



この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P