自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

聖夜の俺

作詞: saruki

雪の降る 街角で
一人飲んでる俺がいる

町は明るい 人の群れ
カップル同士がよく似合う

ほんとは俺も 彼女と
高級フレンチ食べたかった

マスター今日もいつものと
言ったつまみはこのおでん

光が燃えるこの町で 貴女は誰かと フレンチ食べてる
そんな貴女を思いながら 俺は今日も飲んでます

貴女の笑う その顔が
今でも俺の宝物

ほんとは 絶対俺だって
一人でのんでいたくない

雪が降ってるこの町で 貴女は 誰かと温まってる
そんな貴女を思いながら 俺は夜風と飲んでます

※この歌詞"聖夜の俺"の著作権はsarukiさんに属します。

作詞者 saruki さんのコメント

お久しぶりです。この歌詞は聖夜の直前にふられた
男性のうたです。私がぜったい迎えたくないクリスマスイブを
書いてみました。少し演歌調ですが、よろしく。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

yama。

'06年12月17日 23:26

この歌詞を評価しました:共感

はじめまして。

何だか、暖簾を揺らす夜風に震える
男の背中が見えるようですw
でも俺は、一緒におでん食べに行ってくれる
娘のほうが好きです……って詞の感想じゃないですねw

「俺は夜風と飲んでます」っていう表現が
個人的にはツボですw

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P