自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

その時間。あなた

作詞: 畔凪篤志

零れ落ちていく涙
その代わりに花びらが舞った
そっと目を上げたら
ほら
桜が咲き誇っているよ
「君の涙をものにしたい」
なんて顔を真っ赤にして
気障な台詞を呟いた
あなたが隣にいたの
手を取ってあなたの温もりを感じたら
心がほんのりと熱を帯びた
「ありがとう」
闇の中に差した一筋の光
胸にずっと抱いていよう

離れてしまうあなた
逃さないように手を伸ばした
そっと感触を感じた
けど
あなたはもうここにはいない
「君とずっと一緒だよ」
なんて言ってたのに
ずるいよ置いていくなんて
あなたが幸せの証だったのに
何時の間にかあなたの温もりは
冷たさを残してなくなっていた
「ありがとう」
闇の中で出会った一筋の光
胸にずっと抱いて

木霊するあなたの言葉
リフレインしては雫になるの
「ありがとう」
言の葉にして空を見上げるの
あなたの面影がうつる気がして

※この歌詞"その時間。あなた"の著作権は畔凪篤志さんに属します。

作詞者 畔凪篤志 さんのコメント

出会いと別れ。
いつも一緒だと誓ってくれたあなたは
先に行ってしまった。

どうしようもなく哀しいけれど
「ありがとう」

2010.1.11 自分の成人式祝いにアカペラ歌詞のみを追加(メロディー、伴奏すべてなし。歌詞だけ)

この歌詞の評価
評価項目評価数
切ない 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

__

'09年5月30日 11:14

この歌詞を評価しました:切ない

お久しぶりです、いろどりみどりです。

その都度感じる「君」を、視覚的に表現された印象がありました。
生きているときには、君への感情が描かれていて、亡くなってしまった後には、自然の中で感じる直感みたいな形で描かれているのが素敵だなぁ~と思いました。

一人になったって実感するのは、失くした後にじわじわ来るものなのかもしれませんね。そう考えると、切なく思いました。

それでは、失礼いたしました。

畔凪篤志

'09年5月30日 14:07

コメどうもです

お久しぶりですね。

さてこれは回想をイメージしたんです。
確かに視覚的、直感的ととらえることができますね。

それでは友愛と息災を願って

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P