自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

涙を拭いて光見つめて

作詞: 奇人

毎日の中で必ず一回は
泣いてる君を僕は知ってる
ふんぞり返った大の男の
グループに泣かされていた所を見た
余計な事に首突っ込んだら
巻き添えくらいそうだから
ランドセルしょって
少し足早に夕日に染まる道を歩く

そんな時に
ガードレールに
座りながら泣いてた
君が目に入った
情けないなぁって
思ったけど口には出さない
黙って渡す 青いハンカチ

自分の心で
つまってるんだろ
言いたくても言えない言葉が
確かに簡単に人は
変われないかも知れないけど
変わるための努力くらいは
出来るはずだろう?
さぁ瞳に乗ってる見っとも無い
涙を拭いて堂々としてなよ

毎会日陰の中で一回は
沈んでる君を僕は知ってる
大切にしてた縦笛を誰かに
隠されたらしいから
黙って君の手を引いて
放課後の校舎に入るんだ

何処探しても
見当たらなくて
探しながら泣いてた
君を見ながら
もう少し奥を探してたら
紙くずに紛れた 茶色い縦笛

見つかったよと
大声で叫んだらさ
君が笑いながら走ってきて
嬉しそうにその縦笛を
強く握り締めていた
暗い人柄だからこそ君は
いじめられるんだよ
さぁこれからはその無邪気な
笑顔見せて日向を歩きなよ

少し暗くなって
電灯並ぶ 道を二人で歩く
親に怒られるのわかってるけど
もう少し このままで

それから後は
親にこっぴどく
叱られたけど
不思議と嫌な気分では
無かったんだ

いつもの様に
ガードレールに沿って
歩いてたら
いつもより輝いている
君が手を振ってた
思わず 僕は走った




頬にこびり付いた
泣き虫の勲章
情けないから
さぁ涙を拭いて
光見つめて

※この歌詞"涙を拭いて光見つめて"の著作権は奇人さんに属します。

作詞者 奇人 さんのコメント

これは
いじめられっこで
有名な子と
共に描く
友情の物語を
テーマに書きました!!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P