自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

オオカミと少年

作詞: 那由他

最初は軽い 気持ちだったんだ
嘘を吐(つ)くぐらい 何ともないって
それが僕の足枷に なるとも知らずに…

僕は僕を守る為に 誰かに嘘を吐いてきた
その嘘で 誰かが傷つくと知ってたのに…
見て見ぬ振りして 知らない振りして
「仕方がない」って納得してた

次はしないって そう決めてたんだ
でも嘘は嘘を 呼んでしまって
また僕は誰かに 嘘を吐いていく

止められないのさ まるで麻薬みたいに
嘘を吐かないと 生き苦しいんだ
なあ 重いよ足が 痛いよ心が
誰か助けてよ 嘘の連鎖から…

やがて嘘は バレてしまって
僕の周りから みんな離れて
誰も僕を信じて くれなくなっていた

僕は僕を守る為に 誰かに嘘を吐いてきた
その嘘で 僕が傷つくとは知らなかった…
見て見ぬ振りされ 知らない振りされ
「自業自得」って誰かに言われた

止められなかった 僕が弱かったから
嘘を吐かないと 心が壊れそうで
ねえ 聞いてよ話を 信じてよ僕を
誰か助けてよ 嘘の代償から…

これじゃあ まるで…
どっかの おとぎ話みたいじゃんか……

※この歌詞"オオカミと少年"の著作権は那由他さんに属します。

作詞者 那由他 さんのコメント

これは作った後に気付いたんですがあまり詞っぽくないです
最後のフレーズが一応、ミソなんですが・・あまり上手く書けませんでしたね;

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P