自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

The first hot winter

作詞: kalf

果てない空は目覚めてそっと降り注ぐ
冷たい風は少し僕の体を震わす 思いは焦がれる

凍りついている季節にひかれていく
透明な粉雪に包まれて駆け出した

導いて あなたの待つその場所へ
奏でる愛は君を失ったままだから

瞳を塞がないで そう真っ白な世界を見つめてごらんよ
ほらかすかなぬくもりが君をほどいてくれるさ

大切なだけでは守りきれないんだって
遠い日の僕へとそっと語りかけていた

きらめいて 誰よりも輝いて
溢れそうなこの胸が時を速める
色褪せた恋を照らし出すあの光
太陽は春の面影を少しずつ見せているね

ガラス越しに見る君の吐息が舞って
鮮やかに冬は終わりを告げた

運命よ 導いて あなたの待つその場所へ
奏でる愛は君を失ったままだから
終わりのない隠された未来へと二人歩けるように
目覚めの日差しにそっと溶け出した大地の真ん中で
あなたを待っているから 誰より信じてるから

※この歌詞"The first hot winter"の著作権はkalfさんに属します。

作詞者 kalf さんのコメント

どうもkalfです。

別れの詞です。季節がちょっと違いますけど^^;
必死にもがき続ける感じを書きました。

感想等よろしくお願いしますm(_ _)m

この歌詞の評価
評価項目評価数
好感触 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

ken-ichi

'07年4月30日 19:52

この歌詞を評価しました:好感触

カンです さて・・・

すっごく久しぶりに誰かの歌詞を読みました 

冬の終りかけから春の始まりを書いた歌詞でしょうか


>色褪せた恋を照らし出すあの光
>太陽は春の面影を少しずつ見せているね

すごく歌詞の中の情景がきれいに思えました

>目覚めの日差しにそっと溶け出した大地の真ん中で
>あなたを待っているから 誰より信じてるから

別れだけど新しい思いを胸に暖かい季節を迎えた主人公の気持ちをよくあらわせていると思いました

これからも頑張っちゃってください

カンでした

kalf

'07年5月1日 02:49

カンさんコメントありがとうございます^^

そうですね、冬→春って感じですね。
春=旅立ちです。
別れの後の出発は辛いですよね~><

カンさんもこれからも頑張ってくださいね^^

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P